名古屋で結婚式を行う場合には、和式と洋式の二つの種類から選ぶことから始めてみるといいでしょう。日本人であれば、結婚式は和式でと考える人も多く、日本ならではの風習に従って結婚を誓うことになりますが、厳かな雰囲気で行われるものの慣れない儀式であることから、これで結婚が成立したのかとしっくりとこないと感じる二人もいるものです。一方で、洋式の結婚式になると初めての人でも感動してしまうようなプログラムが用意されており、両親や家族との絆であったり友人や仲間たちも揃って出席することができるので、お祝いムードも高まって結婚をしたという実感を得ることができます。和式と洋式でそれぞれにメリットはあるのですが、迷っているのなら洋式のチャペルウェディングがおすすめです。

多くの人に祝福してもらうことができる

和式での結婚式を名古屋で行うとなると、会場のスペースの関係で参列できるのは両親や兄弟、親族に限定をされてしまうということも多く、友人や知人、お世話になった人などは披露宴から参加してもらうことになります。その一方で、洋式となると会場が広めに作られていることもあって、親族以外にもたくさんの人を入れることができるため、和式では披露宴から参加してもらおうと思っていた人たちにもチャペルに入ってもらうことができます。結婚式が終了した後には、フラワーシャワーという儀式があるのは洋式ならではで、新郎新婦の退場の際には招待客たちから花のシャワーを浴びることになります。おめでとうという言葉が行きかうとともに花の香りに辺りが満ち溢れ、それが幸せをねたむ悪魔から守ってくれると言われています。

親への感謝の気持ちも伝えられる

披露宴では、最後に両親への花束の贈呈や感謝の気持ちを手紙にしたりと親へ思いを伝えるシーンがありますが、神社などで和式の結婚式を行うとなると両親が登場するシーンはありません。しかし、洋式でのチャペルウェディングとなると、新婦のお父さんが大活躍をすることになります。結婚式が始まる前には、招待客と新郎は先に入ってスタンバイをしておくのですが、後から新婦は父親のエスコートによって入場することになります。子供のころから可愛がっていた娘を新郎に引き渡して父親は席に座るというシーンは、誰もが感動してしまう名シーンとなり、普段では恥ずかしくて言えなかったお父さんへの気持ちを入場までの待機時間で伝えることができます。名古屋でもバージンロードが長い広いチャペルもあるので、より長い時間の演出で親孝行ができることになります。